会社紹介
新潟の通信を支えて、100年。
大きな可能性とともに、これからも。

通信は、私たちの暮らしに必要不可欠な存在。電話、無線、インターネットなど、当たり前のように使っている通信の裏側には、それらを支える様々な設備や機器が存在しています。クシヤはそんな通信設備の工事やメンテナンスを手がける企業。2016年で、創業100周年を迎えました。人と人がつながろうとする限り、通信は進化を続けていくことでしょう。通信が持つ大きな可能性とともに、私たちはこれからも歩んでいきます。

通信の力で、すべての人が安心して生活できるまちを。

新潟県は全国と比べても、視覚障がい者向け設備の普及が進んでいる土地。クシヤも通信分野で、その一翼を担っています。駅や公共施設の音声ガイドシステム、触知図案内板、LEDブロック、交通弱者対応信号機、LEDブロックなど。シグナルエイドという小型通信機は、誘導システムが設置されている交差点などで、情報を音声で伝えます。現在は視覚障がい者を対象にしたシステムが主ですが、今後は聴覚障がい者用の設備にも力を入れるつもりです。障がい者や高齢者を含むすべての人々が安心して自由に行動できるまちづくりに、私たちも取り組んでいきます。


触知図案内板


音声ガイドシステム
2016年、新社屋へ移転。新しいオフィス環境を提案。

新社屋は、多彩なシステムを詰め込んだ新時代のオフィスです。席を固定しないフリーアドレス制や、プロジェクトごとに集まれるオフィスレイアウト、モバイル内線化、社外からのアクセス整備、遠隔会議、ペーパーレス化、認証システムや監視カメラを使った情報セキュリティー。時間や場所の制約を受けないオフィス環境を実現することで、クシヤ自身が新しい働き方を実践します。さらに新時代オフィスのショールームとしても活用。生産性向上や情報セキュリティーの順守といった企業課題への解決策として、広く提案していきます。

事業紹介
安心と便利を実現する、通信を提供しています。
■音声コミュニケーション事業

オフィスにかかってきた電話が、社員それぞれの机にある電話機につながる。そのために欠かせない「電話交換システム」を構築・施工するのが当社です。また、119番に通報した際につながる消防指令システムも手がけています。

■無線通信システム事業

防災行政無線や消防無線などは、非常時に使用できなくては意味がありません。そのために、一般業務用無線や簡易無線といった技術を駆使し、特殊な無線システムを構築しています。私たちの技術が、安全な暮らしを支えています。

■映像・監視システム事業

お客さまのニーズに合わせて、様々なカメラ活用を提案。実は難しいのが、防犯・監視カメラの配線です。建物の構造などを考慮し、配線を工夫したり、無線を使うなど、技術によって最適なシステムを実現しています。

■コンピュータネットワークシステム事業

データ通信を使ったスマホの通話アプリが増えているように、電話の「音声通信」と、インターネットの「データ通信」はボーダレス化が進んでいます。オフィスや施設にひとつのネットワークを構築し、それぞれに活用しています。

■ドキュメントシステム事業

オフィスで使うコピーやFAX、複合機。これらも、音声やデータのネットワークによってつながるケースが増加しています。通信が進化することで、あらゆる機器がもっと便利に使える時代へ。その環境を支えています。